プロフィール

魚田=オッサン

Author:魚田=オッサン
属:不精髭男装マニアオヤジ系 
性:オヤジ
趣:象徴主義 神秘主義(形而上学) メンズ文化とその歴史(笑) 坂崎乙郎 河村錠一郎 GONZO クロス・マリアン モンテクリスト伯爵 斬月 ジェイムズブッカー リドリースコット ブルースウェーバー アレクサンドルソク―ロフ デレクジャーマン 高村薫 本仁戻 
3DstudioMAX AfterEffects 画と映像遊び 他

「今日の遺言」 by 北斗の拳
リンク
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
SAMURAI 7 舞台 拝見!!
samurai
すっかりレポが遅れましたが、サムライ7の舞台化(コマ劇場)先週の22日土曜日13時の回 に、カイたんと京さんと行ってきました~京さんとは先週サムライコス合わせしたばかり なので何かのモードを引きずってる・・・笑

頑張ってもぎ取ったチケット、六列目の ど真ん中!その日はDVD用の撮影カメラが入っていて、ちょうど自分の前辺りにカメラが陣取っておりました だから劇中お客さん参加型で、キャラが出たらキャラ名を叫んで盛り上げてくださいね~ というヒョーゴの幕間説明があり、芝居中叫んだ「ウキョウ~!」という高い裏声がDVDで聞こえたら 私です←私だけキィーってゆー裏声でしたから 笑
あとはやはり「キュウゾウー!」が一番多かったですね…やっぱキュウゾウ一番人気か だってグッズがいろいろあったけどさ、キュウゾウ抱き枕7千円(クッション別←2千円)があったんだぜ 笑 キュウゾウしかないんだよ タオルとかも 笑 そんなにキュウゾウを抱きしめたいか!一触即発で斬られるって!笑!シチロージもあっていいと思うんだけどなー・・・ブロマイドカードみたいなのも12枚くらい入ってて、キュウゾウが半分占めてるし…つーかカンベエなんか1枚、2番に多いのがシチロージだったね 
まあ、観客は若いオナゴばかりだったわーー全席埋まってた!

以下ネタバレありの感想――――――――

んでドキドキの幕が上がり・・・コマ劇場は円形で天井が高いので、フロア、両サイドに階段があり奥側に中段舞台、その後上は演出の造型と大きなデジタル画面←この画面でシーン毎にアニメの背景、機械の野伏せりが迫る映像、空中要塞「都」など、映しだされます
まず最初にカツシロウが出てきて驚き!やっぱ衣装はポスターと違うのか 皆アニメの設定に配色は近いんだけど、2枚重ねが一枚にされてたり、簡略化されてて…シチロージだけそっくりだったかな でも髪が焦げ茶で結い上げてなかったりとか キュウゾウも近かったな カンベエなんか上着だけ白でインナー全部黒だぜ!ズボンも!デザインを変えるなら、もう少し徹底したクオリティでまとめて欲しかった と 思うね・・・

そして、待望の加藤雅也ンのカンベエ登場!!生だうおりゃーーーー!!
目張りメイクとか無くて顔はフツウにマサヤンだったよ!もうオレの惚れ込んだ男だから!超絶カッコイイ!こんなに顔が整って全身のバランスが取れた人間がいるもんだっつーくらいイイ男だな!!生だし!!←うるさい… もうね、村人が出ようがキララが出ようが、カンベエしか見てないから!!←ダメじゃん舞台見なきゃ
もうね1列目が良かった!6列でも目の動きや細かい表情は見えるけど、1列目で匂いを嗅げるくらい、汗が飛んでくるくらいの距離で見たかった!!←もはやカンベエじゃなく、加藤雅也を見過ぎて、サムライ舞台がおろそかになっている状態前のめりになってたよ 笑

・・・・ちょっと正気に戻って、全体を思い出そう・・・・

ストーリーは、ほぼアニメ通り進みました 演技では表現出来ない戦いや、簡略化したところもありましたが、逆に7人のサムライ一人ずつにスポットをあて、時間を長く取って個性を充分に表現していました それぞれの決めセリフは全部!言いましたよ!それぞれの大事な志、想い は逃さず、逆にアニメよりも強く表現しているように思いました もちろんカンベエとキュウゾウの戦いの「惚れた!お前の腕にな!」も!!
シチロージが登場するシーンは歓楽街に居候している表現で、きらびやかな遊女8人くらいと、真ん中で槍を持って踊るんですが、シチロージが一番美人でした…笑 しかも殺陣が内股…とても綺麗な顔立ちの若い役者なので、古女房と言われてもー…なんか新女房っつーか、マジ美男美女のカプにしか見えないよ…戦も終わり最後も「 行くか 」って2人きりで立ってるとやはり新婚夫婦に見えたし シチさんの粋な大人感は…若者には無理だったようです 堅実な尽くす女房に見えた… お幸せに~~新婚旅行みたいな
その前にカツシロウがカンベエから刀を受け取るシーンもありましたが、カツの字も美男で地で一生懸命で良かったです← でも刀を受け取り、これからサムライの不要となる時代を生きる非情さを勘違いしているようで←役者が)一人前になったと思い、生き生きと走り去って行きました
キュウゾウは殺陣が上手かったです 腰が座って動けていました やはり美男で もうキララは 顔で選んでるよ!くらいの美男揃いでした
ヘイハチの裏切りにこだわるエピソードが追加され、更に重みを増し、キクチヨの語りは、多分この舞台で一番重要だったと思います 農民の苦しみとサムライの苦悩と現実、両方の存在であったキクチヨだから、心の叫びを吠えてました←そらもう感情を込めて だからリアル感と内容の重さが伝わったと思います
そんな悲しい雰囲気の時に、ゴロベエが陽気に振舞ってホントアニメそっくりな演技でした上手い!冗談にアドリブが入ってて、客席からも笑いが起こりました
そしてヒョーゴ!この人は進行役で幕間に挨拶も勤めていましたが、外見もそっくりで芝居も上手い!進行役からヒョーゴに変わる瞬間が見事でした!入った!みたいな
そしてウキョウです・・・・この役者はウキョウを完全に自分の者にして、自分のウキョウを作りだしていました 隙がないし、圧倒的な存在感で場の雰囲気が変わるほどでしたよ 大体皆さん、他の役者が話してる時は 素 が垣間見えて 待ってる みたいな感じでしたが、ウキョウはもう本物がいるって感じ やはり役者の経験の差が感じられましたね

あとは、加藤マサヤンしか見てないです 笑 誰が喋ってても、端っこにいるマサヤン、上にいるマサヤン、型膝ついて構えているマサヤン←絶対脚が震えてるに違いない とか(コス写真撮る時、型膝ついて刀構えてると脚、震えますよね?笑)パンフのインタビューでマサヤンは「一番歳上のカンベエが一番動かなきゃならない 中年虐待劇ですよ。」って言ってました 笑 ああなんて可愛い

今回見逃したサムライファンの方、DVDを観る事をお勧めしますよ とても良かったし、面白かったです!!

しかし!いやしかし!!加藤マサヤンはイイ男だな!!!40過ぎてもあの色気と雰囲気と顔立ち…スゲエな      ちなみにクロス元帥も40過ぎてもイイ男なんだなとか ← ヤなオチ

スポンサーサイト
未分類 | 2008/11/26(水) 23:37 | Trackback:(0) | Comments:(2)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。