プロフィール

魚田=オッサン

Author:魚田=オッサン
属:不精髭男装マニアオヤジ系 
性:オヤジ
趣:象徴主義 神秘主義(形而上学) メンズ文化とその歴史(笑) 坂崎乙郎 河村錠一郎 GONZO クロス・マリアン モンテクリスト伯爵 斬月 ジェイムズブッカー リドリースコット ブルースウェーバー アレクサンドルソク―ロフ デレクジャーマン 高村薫 本仁戻 
3DstudioMAX AfterEffects 画と映像遊び 他

「今日の遺言」 by 北斗の拳
リンク
最近の記事
最近のトラックバック
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ニュー6
20110226

今年の初コス シックス・ザ・リベンジ (ヅラとコートとパンツとカラコン)
なんかさー最近、カラコンがデカ目志向になっちまってよ、オッサン困るのよ~;

んで、ここんとこ カメラ技術と、何を最優先に撮影するか、等等アレコレ話してて
今日、思ったんだけどね

その人物(キャラ?)の存在感とオーラが、その空間(スタジオや背景等の 場 )を制する。

例えば、上の写真で シックスコス~のワタクシ が車にただ寄っかかってるのと
ゴッド・ファーザーのマーロン・ブランド(ドン・ヴィトー・コルレオーネ)が
ケースを持って寄っかかってるのとを、想像して入れ替えてもらえれば、一目瞭然なわけだ。
このスタジオの背景が、ブツの取引場所に見えちゃうわけ(ドンは動かないけどネv)
(まー超俳優とか、レイヤーと比較しちゃうのは違うとは思うが、一番わかりやすいかと思ってネ 笑)
完全にドン・コルレオーネが、その空間のイメージを変える=場を支配するわけだ

で、話しを戻すと私の撮りたい写真は、レイヤーの存在感やシルエット、オーラ、演技力が90%しめるわけだな・・

まあ、はなっから、あきらめてないで ちと頑張ろうと思う・・・   皆も頑張って・・ ← 余計なお世話ダ!

未分類 | 2011/03/01(火) 01:39 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。